糖尿病に良い成分

 

 

予防に有効なモノ〜水

 

 

糖尿病の方は血液がドロドロの方が多く、この病気は合併症の発症リスクを急激に高めるのが特徴で、

 

糖尿病患者は脳卒中でほとんどの方が亡くなりますが、その40%が水分不足とされています。

 

 

そこで、糖尿病だけではなく、とあらゆる病気の予防に水は使えるので効果的な飲み方がありますのでご紹介いたします。。

 

効果的な水の飲み方

 

 

1、 寝る前にコップ一杯飲む

 

寝る前と朝起きた時は寝る時間である事から、何時間も水分を取っていないため体が水分不足になる。

 

2、1時間に1回飲む

 

1および2では、コップ一杯飲む。

 

3、のどが渇くまでに水を飲む

 

のどが渇いてからでは水を飲む時間が遅い。

 

4、朝起きた時にコップ一杯飲む

 

ここも同じ理由です。

 

この原則は必ず守ることが自分の命を守ります。

 

 

 

人の体には水分が必要になる時があるのですが、この時に足りていない場合はのどが渇くので既に遅いのです。

 

体のために、意識してお水を飲みましょう。

 

 

 

食事療法の基本的な考え方

 

 

食事療法は、糖尿病治療の基本です。

 

糖尿病は、すい臓からのインスリンの分泌や働きが悪くなったり(2型糖尿病)、インスリンをつくりだす細胞が壊れてインスリンが分泌できなくなる(1型糖尿病)病気です。

 

食事からとったブドウ糖が、インスリンが減ったり、働きが悪くなったために体内でうまく利用できなくなり、血液中にブドウ糖がたまって高血糖が起こるのです。

 

高血糖をそのままほうってほくと、体にさまざまな異常や合併症が起こります。

 

そこで、2型糖尿病の人は、食事として体内に入ってくるブドウ糖の量を制限する食事療法を行うことで、弱っているすい臓の負担を軽くして、すい臓の機能を回復させます。

 

1型糖尿病の人は、体の外からインスリンの補給をしますので、補給の調節をしやすくするために食事療法を行います。

 

1型も2型も食事をきちんと制限しておかないと、血糖コントロールが上手にできないばかりか、ほかの治療を行ってもなかなか効果が上がりません。

 

 

食事療法の基本的な考え方は、必要以上のカロリーをとらないようにし、すい臓の負担を軽くして働きを回復させたり、インスリンの補給による血糖コントロールを行いやすくすることです。

 

そのため、適切なカロリーの範囲内で、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよくとることが大切です。

 

適切なカロリー(エネルギー)量のもとで、食事をしましょう。

 

食事療法では、食べてはいけない食品はあまりありません。

 

 

大切なことは、決められた指示エネルギー量の範囲内で、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を過不足なくとることです。

 

 

決められた1日のカロリーの55〜60%を炭水化物からとり、タンパク質は標準体重1kgあたり、成人の場合1.0〜1.2g(1日約50〜80g)とり、残りを脂質でとります。

 

 

ところが、指示エネルギー量を示されても、ふだん自分が食べている食品がどのくらいのカロリーなのか、わかりません。 そこで使われるのが、「食品交換表」です。

 

 

「食品交換表」とは、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラルなどのそれぞれの栄養をおもに含んだ食品を6種類に分類した表のことです。

 

 

医師や医療スタッフからわたされる「食事指示票(食事指導票)」には、患者さんの指示エネルギー量が食品交換表の何単位にあたるのか、書いてあります。

 

 

食品が含むエネルギー量80kcalを1単位と決めて、1単位分の各食品が何gか、がわかり、同じ単位どうしなら、どの食品をとってもよい仕組みになっています。

 

 

ぜひ、専門医に相談に行き、適正な食生活で、糖尿病を予防しましょう。

水やミネラルウォーターの糖尿病は良いの?

 

人間が生きてゆく上で絶対に欠かせないのが水。

 

 

そいいて、料理に使ったり、飲んだりすることは糖尿病でも同じです。

 

 

 

むしろ糖尿病の場合、たくさん水を飲むようにと指導されることもおおいですね。

 

 

 

水はカロリーもありませんし、当然糖分もないので糖尿病を悪化させたりするようには思えませんよね。

 

 

 

 

 

水を飲むことは正しいのです!

 

 

 

 

まず、基本的に、水分補給の方法に「普通のの水」を選ぶことは正しいことです。

 

 

 

糖尿病患者で禁止なのが過剰なカロリーと糖分です。

 

 

普通の水にはどちらも含まれていないため、飲んでも血糖値が上がる心配はありません。

 

 

 

人はこまめに水分補給をすべきですが、かたくさんの飲料があり、

 

 

 

どこにでも、自動販売機がありますね。

 

 

清涼飲料水や缶コーヒーの広告が街中の至る所にぶら下がってます。

 

 

こうし誘惑に打ち勝って「ただの水」を飲むことは健康の維持には非常に正しい選択です。

 

 

 

また、水は数ある飲み物の中でも、最も内臓に負担をかけません。

 

 

糖尿病になる年齢、は内臓が疲れている40~50歳といわれています。

 

 

 

特に肝臓はお酒を飲むことによってダメージを受けやすいですが。

 

 

お酒以外にも、お茶やコーヒー、脂肪分の多い牛乳や糖分の多い飲み物は、腎臓や肝臓などのろ過・解毒の機能を担っている臓器に負担をかけます。

 

 

疲れた内臓を休めるためにも、水はやさしいのです。

水を飲むことは糖尿病によい影響を与える

 

 

 

「水」に含まれているミネラルが糖尿病によい影響を与え、 糖尿病の改善に役立ちます。

 

 

 

糖尿病は、インスリンの働きがうまくいっていないということと糖分の代謝がうまくいっていないということももあります。

 

 

人体においてミネラルは代謝を行う際に不可欠なもので、ミネラルをキチンと摂取することは、マグネシウム、マンガン、セレンなどと共に代謝活動をスムーズにすることにつながります。

 

 

 

その点、ミネラルウォーターは役立ちます。

 

 

ミネラルウォーターはその名のとおり、ミネラルを豊富に含んだ水です。残念ながら、そのミネラル量には厳しい品質規定や基準は設けられていないそうです。

 

 

しかし、ミネラル摂取が期待できることは間違いありません。

 

 

ただ、、採水地が日本のミネラルウォーターより、海外のミネラルウォーターのほうがマグネシウムが豊富ですが、過剰摂取は腎臓に負担をかけます。

 

 

 

その点は気を付けましょう。

 

 

とはいえ、ミネラルウォーターの常飲ぐらいで腎臓に悪影響が起こるということは考えにくいので、

 

 

 

 

ミネラルウォーターはなんでもよいと思います。

 

 

 

 

また、糖尿病に効くと一時期ブームになったバナジウム天然水などもあります。

 

 

 

バナジウムとは一種のミネラルです。バナジウムはインスリンのように働き、血糖値を下げるという効果があると言われています。

 

 

 

バナジウム天然水は、バナジウムの含有した天然水です。

 

 

 

できれば、バナジユムを多く含んだミネラルウオーターを飲むのが良いと思われます。