糖尿病の食事で食べてはいけないものは?

糖尿病の食事で食べてはいけないものは?

 

 

糖尿病の食事で食べてはいけないものは?

 

 

 

 

高血圧や高脂血症の人にも関係あるので糖尿病が発症した方とともに、食べてはいけないものをここで紹介したいと思います。

 

 

 

 

糖尿病の食事の関係

 

 

糖尿病にはブドウ糖が関係しており、食事によって体に送られる成分ですが、取り過ぎると体内のブドウ糖濃度が濃くなってきます。

 

すると血糖値が上がりそれを膵臓が作るインスリンが抑えてくれます。

 

膵臓は我々が食事を取る度にインスリンを生み出し、ブドウ糖の濃度をコントロールしてくれるのですが長期間使い過ぎると疲労して機能しません。

 

この状態が続いたら高血圧や糖尿病が発症します。

 

糖尿病はブドウ糖が濃くなりすぎた場合に発症するのが特徴で、主に過度のストレス、お酒の飲み過ぎ、偏った生活、暴飲暴食が原因とされています。

 

発症したら動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞を発症する方もいます。

 

そうならないためにも食事や運動が大切です。

 

 

糖尿病患者が食べてはいけないものは、基本的に塩分と糖分とされているので、今から該当する食べ物を紹介します。

 

食べてはいけないもの

 

ハム、ソーセージ、ベーコン、ラーメン

 

牛丼、天丼、うどん、そば、塩鮭

 

梅干、味噌汁、漬物、いなり寿司

 

エビチリ、回鍋肉、豚カツ、肉の脂身

 

食パン、スナック菓子、ファーストフード

 

ケーキ、生クリーム、バター、マーガリン</strong>

 

以上が糖尿病患者が食べてはいけないものです。

 

塩分は1日6g未満が理想的で、ラーメンは6〜8gが含まれている事から対策としてスープを全て飲まないこと。

 

味噌汁も同じ要領で行い、肉を食べたい人はさらみやヒレ肉にしましょう。

 

糖尿病に良いと思われがちな果物は1日100〜200g食べること。

 

特に果物ジュースを飲むと発症率が高くなので気を付けましょう。

 

糖尿病にはオリーブオイルが効果的なのでこちらを使うと健康的になれます。

 

 

糖尿病に効果的な食事方法

 

 

次は糖尿病に効果的な食事の取り方を教えるので是非実践する事。

 

効果的な食事

 

噛む回数を増やす

 

間食を控える

 

夜20時以降は食べない

 

朝は軽めにする

 

塩を胡椒に変える

 

以上が効果的な食事方法となるので是非やってみましょう。

 

噛む回数は20〜50回繰り返すのが良いのですが、噛むのが嫌いな人は少しでも努力して回数を増やしていきましょう。

 

食べ物は膵臓を疲れさせているのでそれを悪化させる間食は避けましょう。

 

実は膵臓を休ませるとアトピーや脳梗塞などのあらゆる病気が治ったとされるほど、膵臓を休ませる事には効果があるので夜には食べないようにしましょう。

 

朝は糞便を出す時間帯なので食事は軽めに。

 

塩は胡椒に変える事で糖尿病には効果的なのでこれを行い、酸味や渋みなどのスパイスを使い料理をすれば体が丈夫になります。