糖尿病の予防で有効な水の飲み方と危険な飲み物とは?

水が糖尿病の予防に水が良いのはウソ?

 

 

水が糖尿病の予防に水が良いって聞いたけど実際どうなんだろう?

 

 

体に良さそうな天然や自然とかの飲み物でも意外と塩分、添加物が多いことがあります。

 

 

肝心の水でも、沢山の種類があり、どれが良いのかさえ不明のモノばかり。

 

自然の水のように表示しながら、よく見ると水道の水。

 

そんなまがい物も多いのです。

 

そこで、人間は生きてゆくには水とは縁が切れない生き物です。

 

もちろん、病を治すのも、癒すのも水は欠かせないものです。

 

最初に糖尿病と水の関係を詳しく見てゆきます。

 

まず、人間の体の多くは水で作られています。

 

そして、体にはブドウ糖という成分があり、これを暴飲暴食、過度な飲酒、運動不足、高血圧、偏った生活などで異常に増えて糖尿病が発症します。

 

元々人間は膵臓という器官が作る「インスリン」でブドウ糖を抑えます。

 

しかし、偏った生活でインスリンを生み出す事が出来なかったり、食事の取り過ぎでインスリンが足りなくなって、コントロールが効かず発症します。

 

体内がブドウ糖で濃くなった人は喉が渇くので水を飲み薄めようとします。

 

糖尿病の方の尿の回数が増える事はこれが原因であって、この方法を利用すれば予防出来るのではないかと思う人は多いのです。

 

しかし、水だけでは予防する事はありえません。

 

運動や食事に気を付ける事が大切で、水は毎日1500〜2000?飲むのが目安であり、効果的な時間に飲めば脳梗塞の予防になります。

 

糖尿病にも効果的なのですが、やはり食事と運動も大切です。

 

何度も言いますが、人間も動物です。

 

口から入れるモノにこだわることが、長生きするために欠かせません。

 

 

 

 

 

 

糖尿病糖尿病の水はどれが良い?

 

 

私も、体格が太い方なので、日々の生活の中では、運動、食事、そして、水には注意をしています。

 

 

最初は、兎に角こまめに水分を取ればいいと思っていましたので、

 

 

市販の水をガブガブと飲んでいました。

 

 

でも、ある夏の日に、水を飲んでいるにも関わらず、熱中症に掛かってしまいました。

 

 

「え〜〜、そんなバカな!」、

 

 

これが最初の感想でした。

 

 

医者にこのことを言うと、

 

 

「水だけでは体は養分が足らないから、熱中症になったんだ」と言われて、

 

 

(養分?なんじゃいそれ!!)

 

 

タダの水だけでは、栄養分が無いから役に立たんのですな。

 

 

人間、水だけでなく、塩も無ければしんでしまうし、ミネラルも必要なのですな。

 

 

これ以降の水選びの戦いが始まりました。

 

 

 

 

 

 

水選びの道〜海外産のミネラルウオーター

 

ミネラルウオーターと言えば、ヨーロッパですな。

 

 

エビアンやボルビックなどのミネラルウオーターは良く飲みました。

 

 

ただ、硬質の水なんでしょうね。

 

 

何か、飲みにくい・・・

 

 

口入れると、ゴロゴロというか、何か違和感がありますよね。

 

 

これは質が違うとしか言えないんですね。

 

 

また、アメリカのクリスタルカイザーはそこまで飲みにくいことはないのですが、

 

 

逆に言えば、薄い印象をぬぐえないですね。

 

 

ビールでもバドワイザーが水に近い軽さと言われますが、

 

 

自ら来ているんでしょうね・・・

 

 

悪くは無いのですが、これからずっと飲めるか?

 

 

そう考えると諦めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病予防の水に水道水は危険!?

 

 

糖尿病予防の水を選ぶ。

 

 

今回は、水道の水。

 

 

大阪市では、淀川の水を昔から浄水場にと入れて、

 

 

沈殿槽での自然のろ過しているから大丈夫と太鼓判を押している。

 

 

(公共の太鼓判ほどウソが多いのモノも無いのだが・・・)

 

 

新大阪駅の近くにも浄水場があるんです。

 

 

よく、見学に行きましたよ。

 

 

確かに、何層ものろ過水槽があって、最初は真っ黒な水だったのが、

 

 

最後では無職透明にまでなっているんですな。

 

 

お試し水槽では、フナ、ドジョウ、ウナギ、鮎まで育っているという見本もありました。

 

 

で、今はペットボトルでも販売しているんですね。

 

 

早速、ペットボトルの水を飲みました。

 

 

「ゴクッ!」と一口・・・

 

 

タダのいつもの水だ。有難さはあまり感じませんね。

 

 

ただ、このろ過タイプの欠点はミネラルなどの成分も取り除いているんですね。

 

 

ただの水分ということです。

 

 

肉体への水分としてなら効果はありそうですが、

 

 

糖尿病予防の水としては、もう少しミネラルとかの成分が欲しいところです。

 

 

あまり安くもないので、あまりオススメはしにくいです。

 

 

桜島の麓、鹿児島垂水温泉の地下750mから湧出!